教育計画

HOME > 診療科・部門案内 > 看護部紹介 > 教育計画

教育計画

平成29年度 看護部目標

  1. 安全で信頼される看護を提供する。
  2. 段階に応じた継続教育の強化を図る。
  3. 地域ケアシステム実現
    ※病院関連施設・地域との連携
  4. 経営への参画・連携の強化
経年別教育
新人教育(一年間の教育計画)
※プリセプター制
看護助手教育
新採用者に対しての教育
4月 新人オリエンテーション
  • 新年度の新入職者全員を対象に2日間行います。 (天翠会グループの施設見学も行います)
  • 看護師は、3日目に看護技術の研修を1日行います。
  • 新人(新卒者)は、外部病院の新人看護職員臨床研修を受講します。
    平成28年度は、産業医科大学の新人職員臨床研修に4名が参加しました。
    (看護師1名・准看護師3名)
    【開催日時】平成28年7月15日〜22日(5日間)、平成28年10月28日
10月 中途採用者研修を実施しています。
(1日)(天翠会グループ施設見学含む)

教育目的

職員の職業倫理、専門知識、技術、その他必要な知識の向上を図る。

新人教育について

新人看護師(プリセプティ)が、早く職場と看護業務に適応できるように、下記の年間計画の流れで、先輩看護師(プリセプター)が、マンツーマン方式で看護実践能力を教育していく。

年間目標

  1. 病棟の特殊性と業務内容を理解する。
  2. 基礎的知識、技術を理解し実施できる。
  3. チームメンバーとしての役割が果たせる。
  4. 患者、家族及び医療スタッフの信頼を得ることができる。
4月〜5月初旬 病棟の特殊性が理解できる。
日常業務が理解でき、実施できる。
基礎技術を助言を受けながら実践できる。
疾患についての理解を深める。
特殊な処置について理解できる。
清潔・不潔が理解でき、実践できる。
記録方法が理解できる。
リスクに対する認識が高められる。
5月 基礎技術が確実に実施できる。
夜勤が助言を受けながら実施できる。
入院時の対応が実施できる。
当日の看護・観察が指導を受けながらできる。
リーダーへ報告できる。
6月〜7月 夜勤が独り立ちできる。
新規入院患者の観察ができる。
重症患者の観察ができる。
8月 病棟で行われている治療・看護の特徴について理解できる。
当日の看護・観察ができる。
未経験項目の補充。
9月〜11月 プライマリーナースとしての役割、機能が理解できる。
11月〜12月 患者の問題点を把握し、患者のニーズに沿ったケアができる。
行った看護を自分なりに評価できる。
家族の援助について考えることができる。
1月〜3月 患者の全体像を踏まえ、患者へ適切な看護が行える。

関連資料

ページの先頭へ

Copyright © 2016 医療法人社団 天翠会 松井病院 All Rights Reserved.